新鮮な顔ぶれで楽しんで見ることができました

サッカーワールドカップが終わり、次の4年後に向けて日本代表が再始動しました。先日、国際親善試合が大阪で行われておりテレビで見ていましたが、監督や選手たちもガラリと変わっていてかなり新鮮でした。監督は以前サンフレッチェ広島で家督をしていた森保一監督、50歳。試合で目を引いた選手は24歳の中島選手、23歳の南野選手、20歳の堂安選手でした。どちらかというと小柄な3人がどんどん攻め込んでいく姿には躍動感を感じました。ワールドカップ出場選手で先発出場したのは31歳の槙野選手のみで、普段からそれほどサッカーを見ることのない私にとってはほとんどの選手が初めて見る選手ばかりでしたがかなり楽しむことができました。
試合は相手のオウンゴールを含めて3−0で日本チームの完勝。まだ若手の選手が多いためか、勢いもあって怖いもの知らずなイメージがありましたが逆にそれが良い結果につながったような気がします。4年後、いったい誰がメンバーに選ばれるのか今から気になります。http://www.iaahlisboa2015.com/

新鮮な顔ぶれで楽しんで見ることができました