物語のふたつめのブロックをタイミングよく押そうとするなどの話をします

主人公側の二人のメンバーが、お互いの左右の道にて、お互いを見合わせブロックを、同時に押そうとして、押したりもするのですが、わずかなタイミングのズレなどが、生じてしまい、何回か繰り返しては、みたのですが、なかなかピッタリとはタイミングが合わなかったりしています。けっこうシビアな部分があるので、少しのズレの場合にも、反応がなかったりしてしまうので、けっこう難しく、また、その方法で、何度もさらに繰り返していたら、いずれは、タイミングが、合いそうな感じもするのですが、すぐにとは、いかなそうな感じがあります。なので、それなら事前に何か合図のようなものを、取り入れる形で、お互いにタイミングを合わせ、押そうという話になります。そうすることで、同じ事柄をこなすにしても、時短を利かせた状態で、同じ結果を得ることが出来るであろうと考えるようになっていきます。ちなみに、真ん中の壁がない状態なので、お互いに、話が、聞こえやすい状態にあります。ミュゼ キャンペーン 予約

物語のふたつめのブロックをタイミングよく押そうとするなどの話をします