お出かけしたり歌を歌っていたりしていました

お出かけしたついでに注文をして帰りました。あんこが入ったドーナツが割引きしてたので、それを買って帰りました。あとは、キャラメルポップコーンが食べたかったのですが、探しているとありました。少し高いのかなと思っていましたが、思っていたよりも安かったので良かったです。その2つを買って帰りました。そしてミールは、あんこが入ったドーナツにしました。こしあんだったので、砂糖がかかっていて美味しかっただ。そして、歌を歌っていたのですが、その途中で腹部の様態が悪くなりました。便所に何回か行きました。かりに治まって良かったです。そのあとも、何チャンスか分かりませんが歌いました。歌っているときが一番明るいなと見えるチャンスだ。その次に、コミックを見て音響プログラムを見ました。今回は、好きなアーティストは出ていませんでしたが、各週見ている音響プログラムだ。特殊な化粧をやる個々もいたりしました。確かめるたびにすごいなと思いながら見ました。

お出かけしたり歌を歌っていたりしていました

カフェでドラマではよくある思い出に遭遇しました。

先日、カフェでコーヒーを飲んでいたら、ウェイトレスのマミーが転んで、お盆の上にのせていたコーヒーをぶちまけてしまいました。しかも運が悪いことに、OLのおやじが肩の上に。いやあ、驚きましたね。ドラマや喜劇の中ではよくあることでも、実生活の中では、それほど遭遇しないことだ。これはドラマのワン形勢かと思いました。おっちょこちょいのキャラクターが、パートタイマー優先で大挫折というステージ。コーヒーをかけられたOLは、謝り積み重ねるウェイトレスを前にして、怒りたいけど、怒れないという微妙なこと。本当に、敢えてじゃないのですから、焦ることはできないですよね。店主の人様がすぐにやってきて、おわび、そしてキャッチボール。扶養お代として資金で弁償するか、汚れたウェアを実に扶養に出してきれいにして戻すか、どちらがいいかを人々に決めてもらうのです。OLの人様は扶養に押し出す者を選びました。ふむふむこのふうに解決するのですね。ドラマではここまでは描かれないので、感心してしまいました。

カフェでドラマではよくある思い出に遭遇しました。